郡山市(福島県)足ツボ専門!女性の為のプライベートサロン"ふわりぃ"

郡山市(福島県)駅から5分の女性専門足ツボ プライベートサロン ふわりぃです。 忙しい女性に楽しい毎日を送っていただきたい。そんな思いで始めたサロンです。 心と体をリセットできる場所です。だるい、イライラする、疲れる、いつも眠い、スッキリしない。そんな方に女性だからこそできる体調改善足ツボとゆったり空間でおもてなしをしています。

健康情報

産後うつ病

投稿日:14/02/2019 更新日:

産後うつ病について

今回は産後うつの症状や原因、対処法などについてお話をしていきたいと思います。

私は数年前に「産後うつ病の方が増えている」と看護師の方から聞いたことがあります。

産後体調不良の場合は、辛いですよね。

貧血などあれば、食事から貧血に良い栄養を摂取してくださいね。

産後はとても大切です。

体調が悪い時にはお医者様にご相談も大切ですね。

赤ちゃんの成長は育児書のようには進みません。赤ちゃんの個性もありますから。

検診に行った時など、成長の速さを比較したりしないでくださいね。

そしてお母さんも完璧に家事をやろうとしないことです。

ホルモンの乱れ…

産後うつ病の原因として考えられるのは…

○ホルモンの乱れ

〇慣れない育児へのストレス

〇睡眠不足

などです…

 

産後うつ病という言葉を聞いても、あまりピンとこない女性が多く、なぜか自分とは無縁なことだと考える傾向があります。

ですが、実際は出産を終えた女性であれば誰でも起こる可能性があるものでとても身近な症状なのです。

 

1、産後うつ病の症状とは

産後うつの症状は、出産を終えたママ1人1人の個人差が大きく、一概にこれだという症状がありません。

ですが、産後うつを抱えた多くのママが共通して感じていた症状としてこんな例があります。

 

①突然涙が出る

悲しい、辛い、人はそんな思いを抱いたときに涙が出ることがほとんどですよね。産後うつの場合には、そのタイミングではないときにも、突然涙が出てしまうことがあるのです。

 

何気なくテレビを見ていても、我に返った瞬間辛く感じて涙が出てしまう、泣きだしたら気持ちのコントロールが出来ずに何十分も泣き続けていたというのも同様です。

 

②過食や食欲不振になる

赤ちゃんに授乳をしている間は、とにかくお腹が空いて仕方がないものです。しかし、満腹状態だと分かっていても食べすぎてしまう、逆に、食欲不振に陥ってしまいまったく食べ物が食べられなくなるというのも産後うつの症状の一つです。

 

③パパが嫌になる

過酷だった出産もパートナーであるパパがいたからこそ乗り越えることが出来た。そんなママがほとんどだと思います。しかし、産後直後からパパの存在が嫌だと感じるようになったり、パパに対して常にイライラするようになってしまうのも産後うつが原因だと考えられています。

 

④赤ちゃんに愛情をもてない

可愛いはずの我が子なのに可愛いと思えない、ママ自身が赤ちゃんに対しての愛情が足りない気がする。赤ちゃんのお世話をすることが億劫になってきたり、ひどいケースだと育児放棄をしてしまうママもいるようです。

 

2、産後うつの症状が出てしまう原因とは

あくまでも一例です。あげた内容をみてみると、子供に愛情が持てないなんて考えられない、赤ちゃんが無事に生まれてきてくれただけでも幸せなことなのにと思ってしまいますよね。

しかし、産後直後のママは体に大きなダメージを受けたままの状態からスタートしますので、ちょっとした日常の変化も大きな負担となるのです。

 

ホルモンの過剰な乱れが…

妊娠中から産後にかけて、ママの体の中では妊娠出産という大きな変化があったわけです。

ですので、体の中のホルモンが急激に変化します。このホルモンの過剰な乱れが産後うつ病の症状の原因だと考えられています。

また、初めてのお子さんの場合、赤ちゃんに対して何をどうしたらよいのか手探り状態からスタートしますよね。何が正解なのかも分からず必死に赤ちゃんを育てていくのです。

常に「大丈夫かな」という不安や心配に襲われるようになりますので、強いストレスやプレッシャーと戦うことになります。

そして、生活サイクルが整っていない赤ちゃんのお世話は昼夜を問いません。おむつ交換や授乳はだいたい3時間おきと言われていますが、実際はそれ以上に間隔が短いことは当たり前で、これに加えて夜泣きや黄昏なきなどもありますので、あの手この手で赤ちゃんのお世話をしなくてはいけないのです。

当然ママも人間なので疲れやストレスも溜まります。

これが積み重なればいつか爆発してしまったり、産後うつ病の症状へと変化していきます。

3、産後うつ病の対処法

産後うつ病の対処法としてもっとも意識したいことは、ママ1人で育児を頑張らないということです。

赤ちゃんのお世話はママがするものと考えがちですが、ママだけがしなくてはいけないという決まりはないのです。

パパや兄妹、おじいちゃん、おばあちゃん、頼れる人がいれば気にせず力になってもらうことが大切です。

そして、休める時間があればとにかく休むこと。赤ちゃんが寝ている間はダラダラ過ごしても良いのです。

掃除や炊事などの家事は、ママの体が十分に回復してからでも遅くありません。

1f7b20e8f609fbf6515474c474e4e6c9_s 産後うつ病

 

 

足ツボサロン ふわりぃ

営業時間

平日のみ(月・火・水・木・金)
9:00~17:00

アクセス

郡山駅東口から車で5分
郡山市芳賀・・・詳しい住所はお申込みの際にお伝えしています。
駐車場有。


ご予約・お問合せ

電話は080-8201-3026まで
fuwaly-ashitubo19@docomo.ne.jp

ご予約・お問合せフォーム

-健康情報

執筆者:

関連記事

PMS(月経前症候群)の症状と体質を変えてツライ症状を和らげる方法

PMSとは月経前症候群の事を言います。女性にとって月経は大切なものですが、始まる前の数日間は辛い日々ですよね。 月経が始まる1週間~2、3日前になると、さまざまな体の不調や精神症状があらわれて憂鬱とい …

血流を良くして足をぽかぽかに♪

足は心臓から最も遠い場所なので、身体の中でも冷えやすいですね。 足つぼの施術をする時は、必ず「左足」から始めます。 理由は… 心臓は身体の左側に位置しているので、血液循環促進のために左足から 始めます …

免疫力を上げる方法

Table of Contents 免疫力を上げる方法病気になる可能性を下げるためには、免疫力を高めるということが大切です。1、免疫力とは?2、免疫力が低くなる原因と意識したいこと  ①自律神経のバラ …

足のむくみ解消法

「自分の足がまるで象の足みたい」足のむくみがあるときには、まさにこんな表現がピッタリですよね。 自分の足が象の足?とビックリする方もいるかもしれませんが、足がむくむということはそういうことですよね。足 …

夏の冷え撃退

今年は猛暑で体がダウンしてしまいますね。 電車やオフィスでのエアコン。暑くて冷たい飲み物や食べ物が多くなります。 外気温の暑さと湿度、エアコンの冷えで自律神経が乱れてしまいます。 冬の冷えよりも、夏の …

女性専用足ツボサロン”ふわりぃ”


ふわりぃ 代表 北かおり

郡山市(福島県)で女性専門足ツボプライベートサロンを運営しております北と申します。

30代40代の女性は忙しい。ストレスも多い。そんな女性をリラックスできる、元気が出る空間でおもてなししています。

今はすっかり元気な私ですが、実は、以前大きなケガや病気で生死をさまようような・・・

詳しくは・・・


営業時間のお知らせ

■営業時間のお知らせ


平日のみ(月・火・水・木・金)

9時~17時

(※土日祝はお気軽にご相談ください。)

 


■TEL・メール

お電話:080-8201-3026

メール:fuwaly-ashitubo19@docomo.ne.jp